採用情報

キー・ポイントで働く人

ITの知識が無くても大丈夫
お客様のサポートの仕事に日々奮闘中です!

小林明日香
サポート 小林 明日香

大手前大学現代社会学部を卒業。新卒で2013年入社。
キー・ポイントへ入社後はメール対応等を行うサポートとして活躍。当初はITに関する知識はあまり無かったが、入社してからはHTMLやプログラミングに関する勉強や、セミナー等に参加し、日々知識を身につけている。

現在の業務について教えてください
初めて行うサポートの仕事に日々奮闘中です。
自分の頑張りに対して、お客様から直接頂けるお礼の一言がとても嬉しく思います。

私の業務は「サポート」の仕事です。
サポートを具体的に言うと、自社製品であるWebFileを中心に、GrpMailやその他お問い合わせの対応、製品を利用されているお客様の契約についてご連絡…等々、お客様がわからなくて困っている事を無くすための仕事です。
サポート業務以外では、弊社で開発しているシステムの動作確認テストを行ったりもします。

入社当初は、サポートという仕事を今までした事が無かったので、初めてする作業も多く、なかなか難しいなと感じました。
基本的にメールで対応を行っており、操作方法を文章だけで説明して送らなければならないので、書き方に悩みます。どういう風に説明すればお客様に理解して頂けるのか、どのような視点から質問をされているのか。先輩方から工夫した書き方を教えて頂いているのですが、数をこなさないと難しいところもあり、もっと頑張らないとなと思います。
しかしそれでも嬉しいと感じる事があります。それは、お客様のサポートを行った後に「出来ました、ありがとうございます」と電話やメールでご連絡頂ける事です。
自分が頑張った事に対して、直接褒めて頂けたり嬉しい一言がもらえたりする事で「やって良かった」と思えるのでとても励みになります。

入社後印象に残っている事を教えてください
入社1年目で出張、お客様へのデモを行いました。
普段聞く事の出来ないお客様の生の声と、伝えるための意識を知ることでとても良い経験になりました。

私入社後まだ1年も経っていない時でしたが、お客様の前で初めてシステムの操作説明を行ったことです。東京のお客様ということで初めての出張でもありました。
最初お話を頂いたときはビックリしました。というのも、何度か上司に同行してお客様の元へ訪問したことはありましたが、私が説明する、ということが初めてでしたのでとても緊張しました。ですがこれは本当に良い経験となりました。

もちろん事前に色々な準備をして、先輩方にアドバイスも頂いていたのですが、なかなか思った通りとは言えませんでしたね。でもアドバイスを意識する事で、伝わるような話し方やお客様を不安にさせないための説明の仕方等、しっかり考える事が出来ました。
また実際にお客様の前で話をする事で「お客様はどんな事に不安を感じているのか」「システムをどのように利用しようと考えているのか」というお客様の生の声を聞く事が出来たのも良い経験になったと思います。
普段はサポートとしてメールでやり取りするのがほとんどなので、お客様が利用する際に考えている事やメールでは伝えづらい事を知ることが出来て良かったです。

出張から帰ってきた後は、やっと終わった…と安堵していましたが、上手く出来なかったところは反省しました。話すスピードや、こちらに注目して頂けるような伝え方等、今度も必要な事なので今でも試行錯誤して考えています。
普段からもそうですが、丁寧な説明を心がけてシステムの利用を始める前から疑問点を無くして、お客様に安心してご利用頂けるようにしたいと思っています。また、それが私の役目なのだと、しっかり考えられるようになりました。

インタビューの様子-小林
学生時代は何をしていましたか?
大学での勉強と、部活で部長をつとめていました。
その2つの経験が、今の仕事に意外と繋がっているかもしれません。

大学で地理学の勉強をしていました。パソコンは必修で触ったくらいであまり出来なかったですが。。
地理と聞くと川や山がどうの…というイメージがあるかもしれませんが、実際は違っていて、例えば地域住民によるまちづくり計画の作成を事例から研究したり、市だけでなく地域の人と一緒に作っていくための研究等を勉強しました。
特徴的な事は、この指針や研究には正解がないことです。事例はあるけど全く正解というわけではない、では自分ならどうするか?…と言うことを考えなければいけません。
今サポートの仕事をしていますが、こちらも過去の対応例はありますが、それが正解ではないし、時には違う事もあります。もちろん絶対にやってはいけない事はありますが、不正解がなかなか無いという点で似ているかもしれません。

また音楽系の部活で部長もつとめていました。
ただ部活をする、というだけではなく、部活が成り立つための事務等の作業もしなければいけませんでした。
具体的に例を挙げると、演奏の依頼が部活に入った場合、当日の段取り、機材の有無などの確認が必要になります。というのも、依頼側はどうすれば演奏が成り立つかが分からないので、こちら側で事前に必要な物を把握して伝えなければいけないんです。
この作業で、自分の部活にかける時間や勉強をするための時間が取られる事が多かったので、時間の管理がしっかり出来るよう心がけていました。

キー・ポイントに興味のある皆さんにメッセージをお願いします!

私はITにそんなに詳しいわけではないので何ですが、やりたいことを漠然でも良いので見つけて頂いて、そして皆さんと一緒に働ければと思います。
就職先がなかなか決まらないと疲れる事もありますし、けれどそればっかりに集中していてもあまり良い結果は出ないと思います。そんな時は色んな人に話を聞いて、自分の良いところを話してもらうのはどうでしょうか?
また、希望するところばかり見るのではなく、視野を広げて色んなところを見て受けてください。特に学生さんでしたらそんな機会は今しかないと思います。
そうやって色んな会社を見て、その中にキー・ポイントがあれば嬉しいなと思います。

ある日の一日、プロフィール-藤掛匠