WebFileが7周年

2010.06.17.木
社内イベント社内風景

多分、このBlogが出来上がった時に書いて以来の投稿になります、大西です。


今日、6月17日は、WebFileが2003年6月17日にリリースされてから丸7年になる記念の日になります。
今まではそれほど意識すること無かったのですが、お客様の増加や、WebFile Liteと言った新しい試みも始まる中で、偶然にも過去のメールを見つけたのがきっかけで、弊社の主力商品でもあるので、誕生日を社内で祝うことになりました。




最近では、無料版の方にも、ホセ君というキャラクタが立ち上がり(誕生はもっと前ですが、ようやくページが出来上がった)、なぜか私が、TwitterのBot(@webfile_free)aを作ったりと、WebFileが賑わっていることもあり、サポートのリーダーが、近所の元町商店街にあるパオデロさんにケーキを注文して、無事に誕生日会が行われました。


ちゃんと、ローソクも7本用意されております。
ローソクでお祝い


プレートもWebFileの名前入りです。きっと店の人は「??」だったに違いありません。
WebFileの名前入りプレート


ちょっと、まじめな話をしますと、WebFileは現在、多くの優秀な開発者によって、日々お客様の要望に応えながら進化を続けております。
そんなWebFileですが、2003年6月17日の当初は、お申込できるコースが、5MB,10MB,30MB,50MBと今では考えられない容量でスタートしております。


もちろん当時はまだ、ADSLが主流で、一般家庭に光回線はそれほど多くなかった時代です。
メールサーバのスペックも今の時代からすれば、1/1000以下のスペックでしょうか。そのときから、メールに添付出来ないファイルをどうするかという需要があり、それを解決しようと、昼間は別の仕事をしながら、夜に自宅でコツコツと開発を続けたのが始まりです。

縁あって、前職で共に仕事をしていたデザイナーさんに、無理矢理デザインをお願いして、サービスインをした日が昨日の事のようです。
最初は、身内ばかりが使ってくれて、なかなか普及が進みませんでしたが、今では、無料版、有料版、プレミアムサービス、LiteにASP版、OEM版と日本全国、多くのお客様にご利用いただいております。


今後は、スタート時の大きなファイルを送るだけでなく、よりセキュリティの高いサービスとして、満足度を高めて行ければと考えておりますので、今後ともWebFileをよろしくお願い致します。


まだ、お使いでない個人のかたは、ぜひ無料版をお試し下さい。


法人・企業様は、ぜひこの機会に、WebFile Liteにお申込いただき、WebFileのすばらしさを体験していただければと思います。


長文になりましたが、最後に、WebFileに関わっておられる、お客様、販売店様、開発陣に感謝します。
これからも、よろしくお願い致します。

-->