Play framework2.0

2012.06.29.金
技術

Sです。

最近気になっていた「Play framework」を使ってみました。

Play frameworkとはJava・Scala言語の為のMVCフレームワークという事ですが、
以下のような特徴があります。


・JSPやサーブレットが不要でJavaさえあれば動く。
・Java のソースコードを直接コンパイルし、サーバを再起動する必要なしに JVM へ動的にリロードする。このためスクリプト言語のように、修正したらすぐに修正内容を確認できる。

早速Play frameworkをダウンロードしてサンプルを作ってみます。
※前提条件として、Java6以上が必要です。

・公式サイトよりPlay frameworkをダウンロードします。

・以下のように環境変数の変数名「Path」にPlay frameworkのパスを追加します。


・cdコマンドでPlay frameworkをインストールしたディレクトリに移動し、
play new コマンドで作成したいプロジェクト名を入力し実行します。

C:\Users\sugimoto>cd c:\play-2.0.2

c:\play-2.0.2>
c:\play-2.0.2>play new sampleProject


・入力すると、どのアプリーションを作成するか質問されます。
今回はJavaアプリケーションを作成するので「2」を選択します。

_ _
_ __ | | __ _ _ _| |
| '_ \| |/ _' | || |_|
| __/|_|\____|\__ (_)
|_| |__/

play! 2.0.2, http://www.playframework.org

The new application will be created in C:\play-2.0.2\sampleProject

What is the application name?
> sampleProject

Which template do you want to use for this new application?

1 - Create a simple Scala application
2 - Create a simple Java application
3 - Create an empty project

> 2

OK, application sampleProject is created.

Have fun!



以上でアプリの作成は完了です。簡単ですね。

・次にPlay frameworkのサーバを起動します。

サンプルアプリを作成したディレクトリに移動し、play runと実行するだけです。

c:\play-2.0.2>cd sampleProject

c:\play-2.0.2\sampleProject>play run
[info] Loading project definition from C:\play-2.0.2\sampleProject\project
[info] Set current project to sampleProject (in build file:/C:/play-2.0.2/sample
Project/)

[info] Updating {file:/C:/play-2.0.2/sampleProject/}sampleProject...
[info] Resolving org.hibernate.javax.persistence#hibernate-jpa-2.0-api;1.0.1.Fin

[info] Done updating.
--- (Running the application from SBT, auto-reloading is enabled) ---

[info] play - Listening for HTTP on port 9000...

(Server started, use Ctrl+D to stop and go back to the console...)

[info] Compiling 4 Scala sources and 2 Java sources to C:\play-2.0.2\sampleProje
ct\target\scala-2.9.1\classes...
[info] play - Application started (Dev)



以上でサーバが起動されました。

・ではブラウザからサンプルアプリを実行してみます。

デフォルトポートは9000番なので、http://localhost:9000/ へアクセスします。

・以下のように画面が表示されればサンプルアプリの起動確認は完了です。



次回はこのサンプルアプリを修正していきたいと思います。

Play frameworkだとJava特有の重さ・面倒くさい点がなく、サクサク開発できそうです。

-->