謹賀新年(2014)

2014.01.06.月
挨拶・自己紹介

syougatu
新年明けましておめでとうございます、久しぶりの登場の大西です。

年末に、ホームページ担当者から、「社長の新年の挨拶をお願いします」と依頼されたのが、昨日の事ぐらい、年末年始はあっという間に過ぎていきました。
2013年も本当に多くのお客様・取引先の皆様に支えられて、無事に1年を過ごせた事に感謝したいと思います。

できる限りのご要望にお応え出来る様にと心がけておりますが、まだまだ至らない部分も有ったかと思いますので、その部分に関しては、2014年でお返し出来る様に、社員一同頑張って参りたいと思います。

2014年も、既存のお客様・取引様には、より一層キー・ポイントのファンになっていただけるように、ご期待にお応えしていきたいと思いますし、また新たに出会う方々には、「キー・ポイントさんと出会えてよかった」と思ってもらえるような、ご提案や開発が出来ればと思っておりますので、よろしくお願い致します。

また、通常であれば、本日から業務開始となるのですが、弊社は本日、全社員が一箇所に集まり、3ヶ月に一度の全体会議というものを実施するため、サポート業務などはお休みとさせていただいており、明日より通常業務となりますことをご了承ください。



新年の挨拶もそこそこにしまして、簡単に2013年を振り返って、2014年に向けての抱負を書ける範囲で書きたいと思います。

2013年の振り返り


まずは、個人的なニュースで申し訳ないのですが、2月に息子が誕生し生活の方がガラリと変わってしまいました。
今までは、仕事中心が当たり前だったのが、子供中心となることも多く、どうしても時間の方が取られてしまうことが多かったので、仕事の質を落とさない為にも、今までよりもより集中して行ったり、時間短縮出来る所はないか、など色々と考えさせられると共に経営者として、今後、社内でも増えてくるであろう、産休や育休以外にも色々と制度以外にも考えてないと行けない事が、多いと考えさせられもする、1年でした。

会社的には、人の出入りが少し多い年となってしまいました。
まずは、新卒の入社。

4月に3名の新人が入社しました。久しぶりの大卒者でかつ開発ではない人間を採用し新たな一歩を踏み出しました。

また、同時にリクナビでの採用活動も開始し、今年(2014年)も、3名を兵庫県という枠にとらわれずに採用できたことも、会社としての幅を広げる事になると思います。

中途でも、何名かを採用し、色々な事にチャレンジしてもらっています。

入る人がいる一方で、新たに自分のやりたいことを発見して、他でチャレンジしたいという者なども現れる1年となりました。

特に期待していた人間などは、会社に取っても痛手ではあるのですが、本人の人生なので、コレばかりは、私個人としても応援するしかないなと言う思いで、送り出しています。

私自身も転職を何度か行っているので、とやかく言う権利はないのですが、ただ、会社が目指す方向を理解して、入社してきた人には、ずーっと一緒に働きたいとい思いが当然あるので、もっと魅力ある会社にしなければいけないという思いは常に持っています。

ただ、2013年のメンバーの入れ替わりが、私は大きなターニングポイントになるのではないかと、密かに思っています。

数年後にこの記事をみて、「ほらね」と振り返る日が来るのではないでしょうか。

仕事の方は、弊社サービスを自社の業務などに向けて色々とカスタマイズする案件が多い、1年でした。

弊社のサービスで、セキュリティ的な所や、業務の肝になるところを構築されるお客様が多いので、なかなか、ご紹介出来ないのが悔しい所なのですが、テレビ山口株式会社様の件などはホームページでも紹介させていただいておりますので、是非ご覧いただければと思います。

他には、年末に仕込んである件もあるので、2013年の種まきが、2014年に開花すれば良いかと思っています。

振り返りが長くなってしまいましたが、会社としては上記も書きましたが、非常に静かにではありますが、ターニングポイントになった1年ではないかと思っています。

2014年の抱負


WebFileGrpMailをはじめとする自社サービスの安定運用は、今まで以上にお客様にご安心していただけるような取り組みを考えていきたいと思っております。

と同時に、弊社にしか出来ないこと、「お客様が実現したいことを実現するための提案」をより一層行って参りたいと思います。

経営理念でもあります、「価値ある技術の提供」の”価値”は、我々システムを作る側ではなく、実際にシステムを使って頂くお客様が感じるものであると我々は考えております。

お客様が使いやすいようにトコトンお付き合いをしながら完成度を高めると同時に、ただ言われた事をやるのではなく、こちらからもシステム開発の経験を活かしながら、より良い提案や進言が出来る関係を作っていければと考えて下りますので、何なりとご相談をいただければと思います。

最後になりますが、2014年は既に、2名の女性が、産休・育休に入る事が確定しております。
何れも会社に取っては欠かすことの出来ない人間ではございますが、だからこそ元気な赤ちゃんを産んで、また復帰してもらいたいと思っております。
それぞれの業務で抜けた所について、最初はご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、会社としてフォローしていくと同時に、替わりの人間も、今まで以上に力を発揮してくれると思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2014年1月6日(月)
キー・ポイント株式会社
代表取締役 大西正晃

-->