「Command+q」に泣かない!MacならKeyRemap4MacBookを入れよう

2012.02.27.月
Mac

こんばんは。るんるん。
シリコンスチーマーでのパン作りがうまくいって、ごきげんです。

タブブラウザが主流のこの頃、
いくつか開いていたタブを閉じるのは、
もちろんショートカットキー「 Command + w 」派です。

でも、便利なこのショートカットキー、罠が潜んでいます

なぜなら「w」キーの隣は「q」キー。

「 Command + q 」はアプリケーション終了、これは大ピンチです!


いつものごとくTwitterで泣いてたら、天の声が・・・


なんとっ!知らなかった!よっしゃ検索っっっ!

早速「KeyRemap4MacBook」をインストールです!



いろんなMacで動作するそうで、
わたしが使ってるOS「Snow Leopard」にも対応してくれてます。
ありがたやー。

まず「KeyRemap4MacBook」をインストールします。

次に設定をします。

Macの手書き説明書:すべてのアプリの終了をCommand+Qの長押しに変更する

設定も簡単で「システム環境設定」>「KeyRemap4MacBook」を開き「Custom Shortcuts」>「Hold Command + Q to Quit Application」にチェックを入れるだけです。



これで、どうでしょう☆

あっ、違うの、待って! ;( 」と、
勢いよく「 Command + q 」しただけでは、アプリは終了しなくなり、

もう君いいよ、ありがとう」と思いながら、
心持ち重く「 Command + q 」と押すと、期待どおりにアプリは終了。

ああステキ!こんな感謝の気持ちが持てるなんて!
なんでもっと早く出会ってなかったんだろう!!
ありがとう「KeyRemap4MacBook」!!! ;)

<参考サイト>
Macの手書き説明書 〜Mac OS Xのフリーソフト紹介、基本的な使い方を解説。〜
すべてのアプリの終了をCommand+Qの長押しに変更する

<追記>
ついうっかり「Ctrl」と書いてしまいますが、正しくは「Command」でした。
申し訳ありません。タイトル、本文ともに変更しております。
Twitter部分は、そのまま残します(汗)

-->