初代新卒採用、登場です

2006.10.12.木
挨拶・自己紹介

神戸の事務所では、風が涼しくなり、すっかり秋の天候になりました。

はじめまして。内田と申します。

何を書こうかドキドキしておりますが、前回に登場した大西より「(現時点で)カテゴリは【自己紹介】しかないから、何書くかわかるよなぁ」と助言を受けたので、道を踏み外さず自己紹介させていただきます。

入社は、2004年4月です。プログラマーとして、採用されました。

それまで何をしていたかというと、大学の学生をしておりました。そう、新卒採用です。弊社では初めての新卒採用だそうで、学生の身としてはそんなこと知る由もなく。もともと「つくる」仕事に興味があり、大学の就職部をうろうろしてたところに、弊社の募集が目に飛び込んできたのです。

運良く弊社へ入社できた私ですが、プログラマーとしては真っ白。今までの学生生活を全て文系で過ごし(大学は理系でも文系でもない・・・)、個人サイトでHTMLを少し触っていただけで、プログラムの経験はゼロでした。


入社後は、UML、Access、HTML、CSS。Flashのプロジェクトでテストにも参加し、いろいろなことを体験させていただきました。時間の流れとしては、のんびりした一年。
しかし、怒涛の二年目。それのせいで、自分の中で人生の中で最大のはてなが浮かび、混乱の日々を過ごしました。何かというと、PHPです。「中では、どうなってるんだろう」と、目に見えない値の怖さを、感じました。しかし、プログラムが何か、が少しわかるようになったのは、PHPからだと思います。

その後もPHPを触り、ご縁がありASTERIAを体験することができました。PHPではソースを書く、ASTERIAはアイコンをつなぐ、とプログラムの作成方法は全くの別物。作り方が違う2つのプログラムを経験し、双方比較しながら、楽しく作業できました。あるときには「PHPなら、こうできるのに!」、またあるときには「ASTERIAなら、あれができるのに!」と。

キー・ポイントに入社し、早くも三年目。驚くことに、在籍年数だけは社長を含めて第四位の古株になってしまいました。現在は、PHPでプログラムを作成中。失敗も多く、周りには迷惑をかける毎日ですが、早くその汚名を挽回できるよう、がんばる次第です。 まだまだ悪戦苦闘してますが、社内からの助言・アドバイスを支えに、これからも懸命に励んで参ります。
次回は、私の隣の席に座っている、横須賀帰りのSさんが更新予定です。

-->