採用情報

キー・ポイントで働く人

自社製品の開発・営業を担当。
お客様目線になっての開発を心がけています。

重藤幸
開発 重藤 幸

2014年入社。
名古屋商科大学卒業。新卒入社。
大学は文系学部を卒業し、入社後はサポート業務を担当。メールや電話対応をしながらプログラム・開発について学び、2年目から開発部へ。現在はGrpMailの開発や営業、GrpMailに関するお問い合わせなどを担当。

キー・ポイントに入社するきっかけを教えて下さい
人柄重視で就職活動。
説明会での丁寧な「ありがとう」から和やかな雰囲気を感じることができました。

キー・ポイントは就職サイトで目に止まり、大阪であった説明会に参加しました。
その説明会で基本的に大西さん(実は社長のこと)が前に立たれていましたが、他の人が代わりに説明や準備をした後、必ず「ありがとう」と言われていたのが印象的でした。他にそんな会社はありませんでしたし、きっと社内の雰囲気もいいだろうなと感じました。就職活動自体も、働いている方の人柄重視で進めていたので、説明会で一気に気になりました。
また、社内に女性が多いことや、サポートから開発に異動された方がおられるという話も聞けました。文系出身でしたがとりあえずで面接を受けてみました。

現在の業務について教えてください
サポート業務を経て、開発者へ。
お客様や社内からの要望をもとに新機能を追加実装

自社製品、GrpMailの開発や営業を担当しています。
開発がメインで、問い合わせがあればそちらを優先して対応するという形です。開発はお客さんや社内から出た要望をもとに追加する機能を考え、バージョンアップや新機能の追加として進めています。1人で進めることが多いですが、チームで協力して進めることもあります。

入社当時は、サポート業務を担当していました。
お客様からの電話やメール対応を主にしていましたが、同じサポートの先輩が産休に入られ、もう一人の先輩にとにかく沢山質問をして仕事を覚えていきました。
その後、開発を担当することになり、サポートと開発の勉強を同時に進めていました。開発の勉強はソースを見たり、自分で簡単なものを作ってみたりしました。本も読みましたが、プログラムは実際に書いてみないとわからないことが多いので、とにかく手を動かすことを頭に置いて勉強しました。その当時はプログラムの勉強を進めないと、でもサポートでメールも返さないと!と両方を進めるのが本当に大変で、一番しんどい時期でしたね(笑)
現在は分からないことも時々ありますが、1人で開発をしたり、慣れてきたなと思います。

インタビューの様子-重藤
仕事で嬉しさを感じる時はどんな瞬間ですか?
顔を合せていただく言葉はやっぱり嬉しい!

お客さんと直接お話させていただく時ですね。
メール・お電話でお礼や使いやすくなったと感想をいただくのも嬉しいですが、出張でお客様を訪問し、顔を合せての「ありがとう」「この部分が気に入っている」と言っていただいたときの喜びは大きいです。他にもお客様からの新たな要望や、新しい機能についての説明も顔を見ながらお話できるのはやりがいに繋がります。

サポートや営業でお客さんの声を聞いてきた経験を活かして、開発をしているときもどうやったら使いやすいか、お客様目線を常に考えています。機能の説明も使いやすさが分かってもらえるような伝え方をしていきたいですね。

キー・ポイントに興味のある皆さんにメッセージをお願いします!

IT系の会社と聞くと暗い雰囲気の中でキーボードを叩いているイメージでしたが、そんなこともなくラジオが流れていたり、長時間座っていても大丈夫なように高級イスが用意されていたりと、働きやすいように考えられた環境が用意されています。また、社内の雰囲気もアットホームな感じなので、困った際の相談や自分の意見も言いやすい環境になっています。仕事は手を上げれば基本的にはやらせてもらえるので、新人の頃から色々な経験をさせてもらえます。
少しでも興味のある人は、インターンや説明会で実際の空気を感じてみて下さい!

ある日の一日、プロフィール-重藤幸