機能詳細

メール開封ステータス管理

グループ毎に、未読メールを開封した際に付与するステータスを自動で設定する機能です。これにより、メールにステータスを付けるのを忘れてしまった際にも、対応することが可能です。
また、未読メールを確認しただけでは閲覧履歴などは残りませんが、メール開封ステータスを設定することでステータスが変更されステータス変更履歴が残るため、初めにメールを確認したユーザを確認することも出来ます。

img-function-admin_status

管理機能

ユーザ機能

その他