機能活用事例

WebFile TOP > 機能詳細 > WebFile活用術:大容量ファイルの受け取り

大容量ファイルの受け取り

大容量ファイル受け取り概要図

お客さんの質問
取引先から設計図や画像データなど
容量の大きなファイルを受け取ることは可能ですか?

質問への回答
収集とアップロード容量拡張で対応可能!

ファイル受け取り概要図

  1. WebFileの収集機能により、収集用URLを顧客に通知します。
  2. 顧客BはURLにアクセスし、ファイルをアップロードします。このとき、アップロード容量拡張で、一度にアップロードできる容量の上限を上げておげば、動画やデザインデータ、または設計図データなど容量の大きなフィアルでも一度に回収することが可能です。(最大2GBまで)
  3. アップロードされたファイルはあらかじめ指定しておいたフォルダに保存されます。またはタグなので管理することも可能です。
容量が大きいファイルも回収可能
顧客側の設定必要なし

設計図、デザインデータなど大きなファイルのやり取りに!

  • 広告業
  • 建設会社
  • 印刷・出版社


※アップロード容量拡張はオプション機能です。別途お申し込み下さい。
※環境によっては管理者による割当を変更頂いても容量の大きなファイルを収集することが可能です。
※アップロード容量の標準は500MBです。