機能詳細

WebFile TOP > 機能詳細 > WebFile Evi

WebFile Evi(※オプション)

さらなるセキュリティ強化に、企業の内部統制を確実にするアーカイブファイル格納システムWebFile Evi(ウェブファイル エヴィ)
WebFile Eviは、アップロードまたは送信されたファイルをシステム内に格納し、一定期間または一定容量分を保存し、管理できるものです。
WebFileの操作ログと合わせ、実体ファイルを残すことで、より完全な記録を残すことが可能です。

WebFile Eviのメリット

WebFile Eviでは、送受信されたファイルをアーカイブファイルとしてダウンロードができ、管理者が確認することができます。

  • ファイルの実体を格納
操作ログと合わせて、ファイルのやり取りをより完全な形で残すことが可能です。
  • 強力な絞り込み
期間だけでなく、ユーザアカウントやファイルの送信/収集先などでアーカイブファイルの絞り込み機能も充実。必要なファイルをアーカイブファイルとしてダウンロードができ、確認の漏れもありません。
  • 企業の内部統制を確実に
送受信したファイルの全てを格納し、管理できることは、企業のさらなるセキュリティ強化につながります。

WebFile Evi機能概要

WebFile Eviでは、送受信されたファイルをアーカイブファイルとしてダウンロードができ、管理者が確認することができます。

  • アーカイブファイルの保存
  • アーカイブファイルのダウンロード
  • アーカイブファイルのエクスポート
  • アーカイブファイルの保存期間・定期エクスポートの期間の設定
  • 過去に配布(収集)したファイルの検索
  • 過去の通知メールの内容の閲覧

動作環境

推奨ブラウザ
  • Internet Explorer 9 以上
  • Firefox
  • Google Chrome
  • Safari
サーバ
  • Linuxサーバ、もしくはWindows Serverを推奨
    ・ PHP5.3以上、MySQL5以上、Apacheがインストールされたサーバ
    ・ Windows Serverについては、一部制限がございます。
  • 1台構成から、アクセス頻度やファイル容量に応じたサーバ設計に対応
  • ※WebFile Eviのご利用には、WebFileのお申し込みが必要になります。
  • ※WebFile Eviは、ASP、OEM版どちらもご提供可能です。

12回KOBEドリームキャッチプロジェクト認定ビジネスプラン

WebFile Eviは、第12回KOBEドリームキャッチプロジェクト[N-KOBE(ネクスコウベ)]に認定されました。
KOBEドリームキャッチプロジェクトとは、「神戸を拠点に起業したい」「第二創業で新分野進出をしたい」など、チャレンジする中小・ベンチャー企業、起業家の夢を実現するために財団法人神戸市産業振興財団が、各種サポートを行なうものです。

ユーザ管理

テンプレート機能/メールヘッダ・フッタ

グループ共有管理 (※オプション)

セキュリティ管理

その他