機能詳細

WebFile TOP > 機能詳細 > セキュリティ管理

セキュリティ管理

削除機能

削除機能

削除機能では、指定日付より前にアップロードされたファイルを一斉に削除します。
手動で日付でまとめての削除を行いますので、一つ一つファイルを削除する必要がありません。ファイルの削除を定期的に行う場合は、定期削除の設定を行うことも可能です。

  • ※どちらの削除機能も一度削除を行ったファイルは元には戻りません。削除を行う場合は慎重に行ってください。

上長承認機能(※オプション)

上長承認機能_管理者側設定画面
上長承認機能_ユーザ側上長設定画面

配布の際に、ユーザに設定された上長に確認を依頼する機能です。上長がメールの内容や添付ファイルを確認して「承認」「却下」を判断できるので、誤送信や情報漏洩防止につながります。
上長は5人まで設定でき、2パターンの承認方法が選択できます。
  1. いずれかの上長からの承認を必要とする方法
  2. すべての上長からの承認を必要とする方法
①の方法では、直属の上司が不在や手が回らないときに別の上司が対応できるため、業務がスムーズになります。②の方法ではより厳重なチェックができ、情報漏洩のリスクを下げれます。社内のセキュリティポリシーに合わせてお使いいただけます。

  • ※上長承認機能はオプションです。別途お申し込みが必要となります。

ウィルスチェック機能

ウィルスチェック機能

アップロードされる全ファイルを対象に、1時間に1度更新される最新のパターンファイルを元にウィルスチェックする機能です。 社員等ユーザがウィルス感染ファイルをアップロードする際や、取引先から収集しようとしたファイルが感染していたなどの状況において、 事前に警告を発し、WebFileへの保管を食い止め、ファイル配布や共有時のウィルス拡散を防止いたします。

ウィルスチェックのタイミング

ファイルがWebFileにアップロードされるすべてのタイミング
・ユーザがデータベースにファイルをアップロードする際
・収集時ユーザ・非ユーザ問わずファイルがアップロードされる際

ウィルスチェックの対象

パスワード付ZIPなど、暗号化ありで圧縮したファイルを除くすべて。(但し、暗号化ファイルをアップロードできないように制限可能です)

感染ファイル保持ユーザリスト

ウィルスチェックで警告が発せられた場合は、即座にWebFile管理システムに通知され、感染ファイル保持ユーザリストにて特定できるほか、ファイル収集時に感染ファイルをアップロードされそうになった場合の使用者も特定できます。
感染ファイル保持者にセキュリティ対応ができるなど、ウィルスの脅威を最大限 防ぐことが可能になります。

IPアドレスアクセス制限

IPアドレスアクセス制限

管理者画面、ユーザ画面、ファイルの収集・ダウンロード画面への各画面へのアクセスを、IPアドレスで制限をかけることができます。アクセスする必要のない人からのアクセスを遮断出来るため、情報漏洩防止につながります。

連続ログイン通知

連続ログイン通知

連続ログイン通知が有効のとき、ログイン試行の履歴をカウントします。一定時間内に設定した回数以上のログイン試行があった場合、通知先にメールを送信します。カウントする時間や回数は管理者があらかじめ設定します。また、通知するメールアドレスも複数指定でき、より確実に不審なログイン操作に気がつく事ができます。通知メールではどのアカウントで何回試行されたかがわかり、管理者がアカウントの停止やIPアドレス制限など、即座に対策がとれます。

ユーザ管理

テンプレート機能/メールヘッダ・フッタ

グループ共有管理 (※オプション)

セキュリティ管理

その他